読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の1足

f:id:hynm_minai:20150610081926j:plain


意外と知られていませんが、歩くときに履くシューズは衝撃吸収性が高過ぎると疲れます。路面に伝達すべき力まで吸収してしまうので。反対に適度なクッション性のウォーキング専用シューズだと本当に歩きやすい。そんなことを再認識したのが、3月のロサンゼルスマラソンの翌日のこと。今年のロサンゼルスマラソンは30度と、かなりの高温になったので、後半はファンランに切り替えたこともあり、余力を残して4時間40分台でゴール。そんなこともあって、翌日の月曜日はサンタモニカの街を歩き廻ったり、ベニスビーチからサンタモニカまで歩いて戻ったりと、アホのように歩きました。夕方720番バスに乗ってダウンタウンへ向かう頃にiPhoneのヘルスケアアプリで歩いた距離を確認すると、なんと23kmを超えている。フルマラソンの翌日なのに(笑)


それには理由があって、そのときに履いていたのがeccoのO2というウォーキングシューズだったから。このシューズはランニングシューズよりも衝撃吸収性を抑え、脚力を効率よく路面に伝えることができるのに加え、ヤクレザーという耐久性に優れ、フィット感の高いレザーをアッパーに使用。それとGORE-TEX SURROUNDという足の360度方向で優れた防水透湿性を発揮するテクノロジーを採用。これら歩くために最良なスペックを結集しているので、長時間の歩行でもシューズ内部は快適に保たれていました。


これ以来、海外旅行や長時間歩くことが予想される日には、このモデルを履くことが多いですが、本当に歩きやすいですね。適度にドレッシーな雰囲気もいいですし。