今日の1足

f:id:hynm_minai:20180228182057j:plain

パンサーというと小学校低学年の頃にブルー×ホワイトのナイロンアッパーモデルを通学にも運動時にも履いていたのは懐かしい思い出。素足感覚で本当に軽かったのを、今でも覚えています。そんなパンサーのクラシックなデザイン&スペックと厳選されたマテリアル、MADE IN JAPANによるクラフトマンシップが融合することにより、高品質スニーカーとして復活したのは、2016年4月だから、もうすぐ2年になるんですね。

 

自分もスエードアッパーのパンサーGT デラックスのベージュとグリーンを持っていますが、履いているといろんな人に「そのスニーカーいいですね?どこのブランドですか?」と聞かれ、「パンサーですよ」と答えると、自分に近い世代は「懐かしいですね~」とか「あの小学校の頃履いていたパンサーですか?全然高級感あるじゃないですか!?」という反応が多いんですが、これが若い世代相手だと「パンサー?イタリアのブランドですか?」「メチャメチャカッコイイですね!いろんな色を揃えたいです!」といった反応。いずれにしろ先入観のある人からもそうでない人からも、パンサーのデザインとカラー&マテリアルミックスの評価は高いですね。あとオリジナルと違ってインソールにORTHOLITEのクッション性の高いタイプを使用しているので、長時間履いていても疲れず、快適性が高いのもいいところ。個人的にはデニムやスエットパンツとコーディネイトすることが多いですが、ヘビーローテーションで履いているモデルなので、あと2足くらい買おうと思っています。

 

 

f:id:hynm_minai:20180322191311j:plain

今持っているグリーンとベージュ。アッパーに使用しているスエードは履くほどに足に馴染み、いい感じで経年変化しそう。

 

 

f:id:hynm_minai:20180403221826j:plain

3月22日にヒカリエホールで行われたMUZE × CalorieMateのファッションショーではブラック×イエローのパンサー GT デラックスのスペシャルバージョンが使用されました。

今日の一着

f:id:hynm_minai:20180401075924j:plain


最近はラルフローレンのSTADIUM 1992やSNOW BEACHが復刻されるなど、アメリカンブランドの90年代スポーツテイストのアイテムに人気が集まっています。自分はリアルタイムで購入して着ていたから、ある意味冷静に判断できます。当時のこれらアイテムは、普通の化学繊維や綿ベースだから、正直言うと機能性にあまり期待できないので、現代の基準だと着心地は決して良くない。日本はアメリカ西海岸あたりと比べると湿気も高いし。そんなときスタンダードカリフォルニアの展示会で見つけたのが、このアノラック。SD Stretch Rip Stop Anorak Track Jacket。素材にユニチカのMoveFitという伸縮性に優れたマテリアルを使用しているから本当に着心地が良くて、動きやすい。アノラックのような被りの衣類は着たり脱いだりが大変なんですが、このモデルは楽チン。あと着ないときはコンパクトになるので、昼の暖かいときはバッグに入れておいて、朝晩の寒いときに着るという使いかたにもピッタリ。花冷えという言葉もあるように、この時期の夜はグッと冷えますからね。


f:id:hynm_minai:20180331185438j:plain

90年代テイストのデザインですが、使用するマテリアルは新しいから着心地がお世辞抜きに最高です。試着したら買いたくなるはず!? ブラックベースとブルーベースもありますが、自分は渋いオリーブカラーを選びました。


f:id:hynm_minai:20180331185504j:plain

MoveFitはユニチカの快適ストレッチ素材。


f:id:hynm_minai:20180331185515j:plain

着ていて本当に動きやすいマテリアルです。


f:id:hynm_minai:20180401081322j:plain

着ないときはこんな感じでコンパクトになるのもいいですね。




今日の1足

f:id:hynm_minai:20180226002604j:plain

 

昨日発売になった「フイナム アンプラグド」やフイナムのFEATUREでパトリックのコラムを執筆させてもらっていますが、自分にとってパトリックというブランドは中学生の頃からの憧れのブランド。フランスのブランドならではのテイストが他ブランドにはない独特な雰囲気を醸し出していました。そんなパトリックは、日本上陸40周年を迎えた現在も日本のスニーカー市場において確固たるポジションを築いています。

 

最近個人的に気に入っているのが、コペンハーゲンの復刻モデル。オリジナルはバドミントンなどインドアコートスポーツ向けシューズとして開発されましたが、そのスリムなフォルムとカラーリングはカジュアルシーンにマッチ。暖かくなるこれからの季節に大活躍しそうな1足です。ちなみにこのシューズに関する詳しい情報はPATRIK LABOのほうで執筆させてもらっています。またこちらでは今後もパトリックに関するディープな情報を公開予定なので、ぜひチェックしてみてください!

 

f:id:hynm_minai:20180226001801j:plain

コペンハーゲンの復刻モデルとなるR.COPEN(アール・コペン)もパトリックのシューズらしいスリムなフォルムを継承しています。

 

f:id:hynm_minai:20180226001944j:plain

キュッと締まった履き口もパトリックの大きな特徴。この形状もあってフィット感がとてもいいんです。

 

f:id:hynm_minai:20180226002105j:plain

かつてはフランス製でしたが、現在はMADE IN JAPAN。日本の工場ならではの繊細なこだわりを持って作られているのもパトリックのスニーカーの大きな魅力です。

今日の1足

f:id:hynm_minai:20180321172925j:plain

昨年はエルサレム、ホノルルでハーフマラソンゴールドコースト、シカゴ、ニューヨーク、ホノルルでフルマラソンを走りました。考えてみたら6レースしか走っていない。2015年は下記の通り3か月で8レースも走ってたんですけどね。去年は国内レースは0だし…

3月8日 名古屋シティマラソン ハーフマラソン
3月15日 ASICS LA MARATHON 2015 フルマラソン
4月5日 行田鉄剣マラソン ハーフマラソン
4月12日 ホノルルハーフマラソン ハパルア2015 ハーフマラソン
4月19日 東日本国際親善マラソン ハーフマラソン
4月25日 サイパンラソン ハーフマラソン
5月3日 Wings for Life World Run 2015 高島大会 21.3Km
5月16日 螢光夜跑 IGNITE TAIPEI 2015 ハーフマラソン

 

それで今回なにが言いたいかというと、出走した海外レースすべてで、あるブランドのシェアが凄いことになっていたということ。それがホカ オネオネです。アメリカではレースの日はアシックスとブルックスがツートップ、それにサッカニーが続くという感じだったんですが、シカゴあたりからナイキが例の厚底レーシングシューズの人気でシェアを大きく伸ばしてサッカニーを肉迫してました。そして、その次あたりのランクされるのがニューバランスとホカ オネオネというレースが多かったと思います。あとカジュアルシーンでもそれ以前より2017年は見かけることが明らかに多くなっていましたね。

 

そんなホカ オネオネが新たに発表したのがFLYコレクション。従来のプロダクト以上に速さ、軽さ、反発性を極めたコレクションで、上級モデルのMACHとプライスを抑えたCAVUの2モデルがラインアップされていますが、いずれのモデルもランニングだけでなくフィットネスアクティビティにも対応する汎用性の高さも魅力です。今回紹介するのはCAVUの日本未展開モデル。日本で一般展開されるのはブラックとライトブルーですが、小生が編集長を務める「Runners Pulse ランナーズパルス」限定で展開するのが、このグレー、ブラック、レッドのカラーコンビネーション。アメリカでは247、すなわち24時間7日間、ランからカジュアルシーンまで対応するシューズが、かなり以前から人気となっていますが、このカラーリングのCAVUもそんな1足。ランニング、スポーツジムでのフィットネスレッスンから街でスタイリッシュに履くことも可能。1足あると本当に便利な存在だと思います。自分は一足早く手に入れて早速履いていますが、走りやすいし、いろんなボトムスとコーディネートしやすいですよ。サイズによってはまだまだ入手可能ですので、興味ある方はこちらをチェックしてみてください。

 

 

f:id:hynm_minai:20180321172632j:plain

グレー、ブラック、レッドのカラーコンビネーションは他ブランドですが、昔のエアジョーダンシリーズを思い出させます。ランニングシーンだけでなく、ストリートでもカッコよく履きこなせるのが、このカラーリングの魅力だと思います。

 

f:id:hynm_minai:20180304174750j:plain

アメリカで最も著名なランニングスペシャリティストアの一つであるROAD RUNNER SPORTSの247をコンセプトにしたリーフレット。ホカ オネオネ、ニューバランスアディダス、アルトラetc.24時間7日間フルに活躍するランニングシューズが掲載されていました。

 

今日の1足

f:id:hynm_minai:20180317205323j:plain


エンダースキーマといえば日本発信のシューズブランドで、スポーツシューズの歴史的な名品をオマージュし、ヌメ革で表現したコレクションが有名ですが、その他のフットウェアや財布などのアクセサリー類も評価が高い。あと最近ではアディダスとの協業によるコレクションにも注目が集まっています。


最近自分が手に入れた同ブランドのアイテムが、ヌメ革製のアトリエサンダル。シンプルなスライドタイプのサンダルで、その名の通り、長距離を歩くために履くのではなく、アトリエなどで外履きから履き替えてリラックスするのにちょうどいい。残念ながらアトリエのない自分は、海外に渡航する機会が多いので、飛行機の中や滞在先のホテルで活躍してもらおうと思っています。最初はヌメ革のストラップは硬いので、こまめに履いて足に馴染ませて柔らかくしようかと。ヌメ革が焼けて濃い茶色になる頃は、インソールも自分の足型に窪んで、手放せない存在感になるんだろうなぁ。今からその時が楽しみです。


f:id:hynm_minai:20180317205245j:plain

アウトソールはビルケンシュトックでおなじみのグリップ製に優れたタイプを採用。

今日の1足

f:id:hynm_minai:20180223120330j:plain

 

今から25年近く前の1993年5月15日に行われたヴェルディ川崎VS横浜マリノスJリーグが開幕。日本でもプロのサッカーリーグがスタートしました。この日は愛知から弟が東京に遊びに来ていたから、よく覚えています。そんなJリーグは開幕から注目を集めることになりましたが、三浦知良ラモス瑠偉といった日本国籍選手だけでなく、ジーコアルシンドといった外国籍プレーヤーの存在もJリーグ人気に大きく貢献しました。

 

日本には数多くの外国人プレーヤーがやってきましたが、正直言ってそのレベルは玉石混合。名ばかりの元代表選手や過去の実績は凄くても、Jリーグ参加時には抜け殻のような状態のプレーヤーも少なくありませんでした。そんななかトップクラスの実績とパフォーマンスを併せ持っていたのが、名古屋グランパスに所属したドラガン・ストイコビッチです。ピクシーの愛称で親しまれた彼は、’90年と’98年のW杯に出場したバリバリのトッププレーヤー。ワールドクラスのプレーの数々でグランパスファンのみならず、日本中のサッカーファンを魅了したのです。

 

そんな彼が日本でプレーした際に履いていたのがルコックスポルティフのサッカースパイク。途中から伝統的な同ブランドのアッパーデザインでなく、鳥の羽からインスパイアされたプリュームラインと呼ばれる独自のデザインのアッパーのモデルを着用したこともサッカープレーヤーの間で大きな話題になりました。

そしてJリーグ開幕から25周年、ロシアW杯が行われる2018年にリリースされたのが、PLUME X "FOOTBALL PACK" "mita sneakers Direction"です。ミタスニーカーズの国井さんが、ルコックスポルティフのオリジナルデザインに、ピクシーが使用したサッカースパイクのプリュームシリーズのテイストをプラスするとともに、同ブランドのテニスシューズの名品アーサーアッシュのソールユニットをミックス。ストリートシーンにマッチする1足が完成しました。ちなみにこのコレクションはシューズ以外にジャケット、トップス、ロングパンツからなるアパレルもラインアップしており、サッカースタイルに目がないスニーカーフリークには見逃せない存在だと思います。

 

f:id:hynm_minai:20180223120151j:plain

ブラックとホワイトが用意されますが、ブラックのほうはこんな感じでドレッシーなボトムスにも似合いますね。

 

f:id:hynm_minai:20180223120355j:plain

インソールにはミタスニーカーズを象徴する金網パターンとサッカーのゴールネットのデザインを掛け合わせたグラフィックがプリントされます。

 

 ピクシーといえば雨天時のこのリフティングドリブルが衝撃的でした。このときのスパイクはルコックスポルティフではないですが。

 

 

 あとこのフェイントからのゴールもよく覚えています。このときのゴールはルコックスポルティフのスパイクから生み出されました。

今日の一品

f:id:hynm_minai:20180221182239j:plain


11月中旬にスイスのチューリッヒに出張に行ってきました。Onというこの地に本拠を構える世界中で人気上昇中のランニングブランドの取材のために訪れたのですが、スイスを訪れるのはイタリア語圏のルガーノと昨年8月のフランス語圏のジュネーブに次いで3回目。ジュネーブは空港を利用しただけで、シャトルシャモニーに向かったから、街は行ってないんですけどね。


ちなみにスイスと聞いてなにを思い浮かべますか?

自分は「アルプスの少女ハイジ」と「スイス アーミーナイフ」。後者は世界的なベストセラーとなった「マジソン郡の橋」の主人公、ロバート キンケイドが首から紐で下げているという記述があって、それに憧れて自分も真似したのですが、買ったのがビクトリノックスのスイスチャンプという豪華版で、重くて首が痛くなり、首から掛けるのはやめました。首から掛けるならミニクラシックあたりが最適でしたね。


そんなこともあって、何個かのミニクラシックを各スーツケースに入れてたのですが、これには唯一欠点が。それは栓抜きが付いてないこと。海外で飲む瓶ビールは最高なんですが、最近は部屋に栓抜きが置いてないことも多い。フロントに言えば貸してくれるのですが、サイパンラソンにSHOES MASTER編集長の榎本さんと行ったときは10ドルくらいのデポジットを取られてました。というわけで、最近になって栓抜きの付いた小さなビクトリノックスを買おうということになり、選んだのがミニチャンプ AL SV。スイスアーミーナイフで最も有名なのは、レッドのプラスチック製ハンドルでしたが、のちにブラックのプラスチック製が人気になりました。個人的に今の気分はアルミニウムのシルバー。小さくてシンプルなんですが、下記のように15種という多機能を誇ります。近々革紐を買いに行って、首からも掛けられるようにしたいと思います。コレがあれば瓶入りのロングボード、テカテ、ニューキャッスル ブラウンエールetc.もドンと来いです。一時期はスクリュー式の瓶も多かったから、栓抜き要らなかったんですけどね。

  1. blade, small
  2. レターオープナー(ブレード)
  3. orange peeler
  4. スクレーパー
  5. 甘皮押し
  6. bottle opener
  7. wire stripper
  8. プラスドライバー(フィリップス型)
  1. nail file
  2. nail cleaner
  3. 2.5mm スクリュードライバ
  4. ruler (cm)
  5. ruler (inches)
  6. はさみ
  7. キーリング













f:id:hynm_minai:20180221182324j:plain


コレが自分にとって重要な栓抜き部分。

ビール好きには必携パーツです。


f:id:hynm_minai:20180221191610j:plain

明日2月22日に自分が編集長を務める「Runners Pulse」の第4号が発売されます。ギアにこだわりのあるランナー、海外レースに興味があるランナーにピッタリな内容になっていますので、何卒よろしくお願いいたします。