今日の1足

f:id:hynm_minai:20171202114231j:plain

自分たちの時代のテニスのヒーローといえば、なんといってもビョルン・ボルグ、ジミー・コナーズジョン・マッケンロー。中高生の時代は衛星中継で放映されるグランドスラムの試合を見るのが本当に楽しみでしたが、そんなプレーヤーたちより少しあとの世代に憎いほど冷静沈着で機械のように正確なプレーで勝利を積み重ねるテニスプレーヤーが存在していました。それがチェコスロバキアのイワン・レンドル。グランドスラム通算8勝は歴代9位タイ、ATPツアー ツアー制覇94度、シングルス1071勝は歴代2位。さらに世界ランキング1位連続在位記録「157週」は現役当時歴代2位(現在は歴代3位)。世界ランキング通算在位記録「270週」は当時の歴代1位記録を樹立。現在もロジャー・フェデラー(302週)、ピート・サンプラス(286週)に次ぐ歴代3位記録となっています。そんな輝かしい成績を収めたレンドルですが、正直言って前述の三人よりもプレーに派手さがなかったからか、人気は彼らの後塵を拝していました。でも自分は好きな選手で、大学時代に当時のGQのスウォッチの広告を美容院に持っていき、「同じ髪型にしてください!」とオーダーしたほど。MADE IN FRANCEのアディダス レンドル コンプというテニスシューズを買うためにアルバイトしたのも懐かしい思い出です。

 

そんなイワン・レンドルですが、実はアディダス以外のブランドとも契約していました。現役晩年にミズノと契約したことはテニス関係者なら知っていると思いますが、’80年代にイタリアのスペルガ スポーツと契約していた時期があったらしい。最近になって当時のモデルをベースにしたモデルが登場しましたが、自分も「あっ、そういえば!」と記憶の片隅であったくらいで、ホント印象が薄かったんですが、このシューズがなんかクラシックでいい。あと、いい意味で垢抜けてないんです。使ってる革も樹脂をコーティングしたコーテッドレザーで、決して高品質ではないんですが、シンプルなアッパーデザインにスエード素材のヒールパッチを組み合わせたり、スペルガ スポーツのブランドストライプをステッチと通気孔で表現したりしているところが、’80年代のヨーロッパテイストを感じさせてくれるのです。このパッケージには足を包み込むような上質な革は似合わないでしょうね。デニムやチノパンツはもちろん、スウェットパンツのようなスポーティなボトムスにコーディネイトするのもいいですね。もしくはウールパンツとかドレッシーなアイテムに合わすのも面白いと思います。

 

 

f:id:hynm_minai:20171202114257j:plain

シグネチャーが金文字で刻印されたスエードのヒールパッチが絶妙なアクセントに!

 

 

f:id:hynm_minai:20171202113647j:plain

 当時のスペルガスポーツのボックスデザインを復刻。スペルガというと2750というキャンバスシューズが有名ですが、テニスやバスケットボールなど、スポーツ専用シューズを製造していた時代もありました。ちなみに高品質なタイヤで知られるピレリの傘下にあった時代も。

 

f:id:hynm_minai:20171203221950j:plain

 アディダスと契約する前のイワン・レンドル。

 

f:id:hynm_minai:20171203222021j:plain

 当時はアーガイル模様のポロシャツ、トレフォイルのステンシルが入ったラケットに憧れたものです。ポロシャツは2年くらい前に復刻されてましたね。

 

f:id:hynm_minai:20171203222050j:plain

1984年のGQに掲載されたスウォッチの広告。「これと同じ髪型にしてください!」と高円寺の美容室に行ったのも懐かしい。

今日の1足

f:id:hynm_minai:20171121112750j:plain


’80年代、自分たち世代のスニーカーフリークにとって、MADE IN FRANCEというのは、デニムの世界におけるMADE IN USAに匹敵するくらいありがたがられた存在でした。代表的なところでいうと、アディダス スタンスミス、スーパースター、カントリー、オフィシャル、マスター、タバコやパトリックのアートイスを始めとした各モデル。アディダスでいうとランニングシューズが西ドイツやユーゴスラビアで生産されることが多かったのに対して、フランスではコート系のシューズの製造が多い気がしました。そんなフランス製シューズの特徴は、アディダス カントリーやパトリックのアートイスあたりを除くと「まあまあ足幅はあるから、日本人の足型でも快適だなぁ」ということ。


かつてアディダス フランスと同グループにあったルコック スポルティフは最近日本でもMADE IN FRANCEのコレクションを集中リリースしていますが、いずれのモデルもフランスがスポーツシューズ生産の重要な拠点であった往時を偲ばせる丁寧な造り。あと厳選のマテリアルセレクションも見逃せません。使ってる皮革が上質ですね。今回紹介するファッションブランド" Editions M.R"とのコラボレーションモデルも、スタイリッシュなデザイン、フランスメイドらしい洗練されたシルエットと快適な履き心地を高次元でミックス。その高い完成度を考慮すると、25000円(税抜)というプライスも決して高くないかと。日本ではミタスニーカーズ、アトモス、キックスラボで極少数が販売されました。


f:id:hynm_minai:20171121112853j:plain

インソールかかと部分にはフランス語で「フランス製」の表記が。自分たち世代は、ホント、スニーカーやアパレルの原産地にこだわりますが、ただフランス製やアメリカ製であればいいのはなく、しっかりと"らしさ"があるMADE IN FRANCEやMADE IN USAでなければ評価しません。その点ミリタリートレーニングシューズをモチーフにしたこのモデルは合格です!!!

今日のB級グルメ@マンハッタン

f:id:hynm_minai:20171123213343j:plain


2013年、2015年に続きニューヨークシティマラソンに参加してきました。そのことに関しては「ランナーズパルス」のブログなどで紹介しますが、フイナムブログではB級グルメのことを。ニューヨークといえばコカコーラの20オンス(約591ml)が400円以上するように、物価が高いことで有名な街。それだけに外食費も高く、ちょっと食べただけでも日本円換算で軽く1000円は超えます。それはニューヨークのいたるところにあるRay's Pizza(実は名前が同じだったり、似てるだけで、そのほとんどが独立系らしい)を始めとしたスライスピザ屋でもサラミやイタリアンソーセージがしっかり乗ってると、5.75ドル(税抜)するから、飲み物入れるとやっぱり10ドルくらいになってしまいます。そんなときに思い出したのが、ダラースライスという一枚1ドルのチーズピザが存在し、探せばニューヨークにもあって、有名な評論家もいるらしいということ。今回、帰国当日、タイムズスクエアそばのチャンプスで買物したあと、コロンバスサークルのタイムワーナービルにあるランニングプロショップを目指している途中に偶然発見。「99¢ Fresh Pizza」というお店で、ブロードウェイと55丁目のコーナーのそばで、4年前にパークセントラルホテルに宿泊していて、ホテルバウチャーで毎日朝食を食べていた「Apple Jack」の隣。ニューヨーク滞在は11回目ですが、1ドルピザの店を見つけたのは初めてのことでした。店頭には「ピザ2枚とペットボトルの水か缶入りソーダのセットで2.75$(税込)」のサインボードがあったので、迷わずそのセットをオーダー。2分ほど待って出来上がったピザを食べるとそれなりに美味しい。到着日の夜、翌日の昼に食べたRay's Pizzaのほうがボリュームたっぷりで美味しいですが、値段が6倍ですからね。チーズのみのトッピング無しですが、チーズの風味たっぷりのテイストはコカコーラとの相性も最高であっという間に完食。ダラースライスの店は、マンハッタンでも、もっと辺鄙なところまで行かないとないと思ってましたが、ここならいつでも来れますね。食費を節約したいときや前日のディナーを食べ過ぎた翌日のランチとかにも最適だと思います。不味かったら二度と行かないんですが、そこそこの味だったので、次回のニューヨーク滞在時のホテルがこの近くだったら、必ず再訪するでしょう。


f:id:hynm_minai:20171123222724j:plain

12ozの缶入りソーダかペットボトルの水とスライスピザ2枚で2.75$。しかも税込なんで満足度高いです。毎食ココは嫌だけど、個人的には2日に一回くらいは来たくなるレベルです。


f:id:hynm_minai:20171123223042j:plain

こちらはRay's Pizzaの具沢山なスライスピザ。5.75$(税抜)と結構いいお値段。美味しかったですけどね。

今日の一着

f:id:hynm_minai:20171028212014j:plain

毎シーズン、スタイリッシュなデザイン、独自のマテリアル使い、そしてアディダスならではの高い機能性を高次元でミックスしたadidas by kolor。ラン以外にスポーツジムでのマシントレーニング時にも着ていますが、とにかくこのブランドを着ていると、外国人に「Where did you get those?」聞かれることが多いです。大抵は東京に居住している人ではなく、観光客。「These collection are available at Omotesando hills !」と教えるとホント嬉しそうな表情をします。


今シーズンのコレクションもかなりインパクトあるデザインなんですが、Clima Chillのようなテクノロジーをちゃんと採用しているのが嬉しい。ここ最近雨が多いので、トレッドミルランが続きますが、adidas by kolorのようなアグレッシブなデザインを着て走れば、雨降りが続く憂鬱な気分も吹っ飛ばしてくれますね。



f:id:hynm_minai:20171020222706j:plain


トップスがインパクトあるグラフィックを採用しているのに対し、ボトムスはシンプルに。独特な凹凸のあるファブリックを使用したショーツは、ランやトレーニングはもちろん、カジュアルシーンにもピッタリです。


今日の1足

f:id:hynm_minai:20171017175305j:plain

 

今日は久しぶりに晴れましたが、ここずっと雨降りで、この先一週間もあまり天気はよくなさそう。というわけで、こんな日はGORE‐TEXを始めとした防水透湿性に優れたシューズが大活躍。靴の中への水の浸入を防ぎつつ、シューズ内部の蒸れを防いでくれます。最近ヘビーローテーションで履いているのがeccoのCOOL2.0 MENS GTX。見た目は上質なレザーを使用した上品な雰囲気のカジュアルスニーカーなんですが、360度の透湿・防水性能を発揮するGORE‐TEX SURROUNDを採用していて、雨の日でもへっちゃら。先週からの雨の日々に大活躍したのはもちろん、9月17日から18日にかけて関東地方でも台風18号の影響を受けて風雨が激しかったですが、このシューズを履いていたおかげで靴の中はドライで、長時間快適に歩くことができました。ショーツを履いていたので脚の部分はびしょ濡れでしたが(笑)。

 

 

f:id:hynm_minai:20171017170112j:plain

上質なレザー(牛革)を使用したドレッシーな雰囲気なのにGORE‐TEX SURROUNDを採用することで高い防水透湿性能を誇ります。ちなみにミッドソールに並んだ穴からシューズ内部の蒸れを排出。あとアウトソールのグリップ性が秀逸で、雨の日でもスリップ知らずです。

 

f:id:hynm_minai:20171018105103j:plain

GORE‐TEX SURROUNDを採用することを誇らしげに主張するヒール部分。360度の透湿・防水性能は雨の日の長時間の歩行時に特に威力を発揮します。

今日の1足

f:id:hynm_minai:20171015001147j:plain


高い走行性能を誇るハイパフォーマンスランニングシューズでありながら、そのスタイリッシュなデザインにも注目が集まるアシックスのGEL-KENUN。そんな2017年の注目モデルにミタスニーカーズの国井さんとアシックス精鋭スタッフとのディスカッションから誕生した様々なアイデアをプラスしたのが、GEL-KENUN "SHINKAI" 。


それらアイデアは、モデル名の元となった巻雲の対極となる深海をテーマに、古代に生息していたとされる伝説の巨大サメのメガロドンから着想を得て具現化。アシックスのブランドストライプをアッパーフォアフットに移動するなど、インラインモデルとは異なるスペックを満載することで、ランニングシーンはもちろん、ストリートシーンにも映えるインパクトのある1足に仕上がっています。個人的にも最近ランとオフのシューズを共通とすることが多くなっていますので、このシューズのようなハイパフォーマンスとスタイリッシュなデザインを高い次元で融合したプロダクトのリリースは嬉しいです。


ちなみにGEL-KENUN "SHINKAI" はミタスニーカーズとASICS HARAJUKU FLAGSHIPにて販売されています。


f:id:hynm_minai:20171015000659j:plain


深海をイメージしたオーバーボックスが付属するのもスペシャルモデルらしいところです。

今日の1足

f:id:hynm_minai:20170911101412j:plain


トレイルランナーはもちろんのこと、nonnativeの藤井さんがディレクションしたプロダクトが登場したこともあって、最近ではファッションシーンでも注目される存在となったイノヴェイト。


去年の11月にイングランド湖水地方にあるイノヴェイトの本社に行って、創業者のウェインさんにインタビューしたり、同社のシューズを履いてフェルランニングのレースに出たことによって、このブランドの凄さと機能性の高さを体感し、益々好きになりました。


そしてイノヴェイトで忘れてはいけないのが、パフォーマンスシーンだけでなくライフスタイルシーンでも活躍してくれるということ。これまでもトレイルランニング用のハイパフォーマンスモデルだけでなく、ROCLITE 286 GTXを始めとした数々のスタイリッシュなイノヴェイトのプロダクトも履いてきましたが、最近手に入れたモデルだとFLYROC 345 GTXが素晴らしい。ベーシックなデザインと単色のカラーリングを組み合わせており、しっかりとした存在感はあるのに変な自己主張はしないから、様々なスタイルやコーディネートにマッチしやすい。あとGore-Texを使用しているので、雨や雪といった悪天候でもへっちゃら。ちなみにこのモデルのアッパーデザインは2006年当時のものを継承してるらしいんですけど、古さは全く感じないですよね。


f:id:hynm_minai:20170911101424j:plain

アッパーには防水透湿性に優れたGORE-TEXを採用。悪天候でもシューズ内部をドライに保ちます。自分はブラウンをチョイスしましたが、ブラックもラインナップされていて、そっちもかなりカッコよかったですよ。