今日の1足

f:id:hynm_minai:20170911101412j:plain


トレイルランナーはもちろんのこと、nonnativeの藤井さんがディレクションしたプロダクトが登場したこともあって、最近ではファッションシーンでも注目される存在となったイノヴェイト。


去年の11月にイングランド湖水地方にあるイノヴェイトの本社に行って、創業者のウェインさんにインタビューしたり、同社のシューズを履いてフェルランニングのレースに出たことによって、このブランドの凄さと機能性の高さを体感し、益々好きになりました。


そしてイノヴェイトで忘れてはいけないのが、パフォーマンスシーンだけでなくライフスタイルシーンでも活躍してくれるということ。これまでもトレイルランニング用のハイパフォーマンスモデルだけでなく、ROCLITE 286 GTXを始めとした数々のスタイリッシュなイノヴェイトのプロダクトも履いてきましたが、最近手に入れたモデルだとFLYROC 345 GTXが素晴らしい。ベーシックなデザインと単色のカラーリングを組み合わせており、しっかりとした存在感はあるのに変な自己主張はしないから、様々なスタイルやコーディネートにマッチしやすい。あとGore-Texを使用しているので、雨や雪といった悪天候でもへっちゃら。ちなみにこのモデルのアッパーデザインは2006年当時のものを継承してるらしいんですけど、古さは全く感じないですよね。


f:id:hynm_minai:20170911101424j:plain

アッパーには防水透湿性に優れたGORE-TEXを採用。悪天候でもシューズ内部をドライに保ちます。自分はブラウンをチョイスしましたが、ブラックもラインナップされていて、そっちもかなりカッコよかったですよ。

今日の1着

f:id:hynm_minai:20170918122827j:plain

 

以前のこのブログでも紹介しましたが、フロッキープリントのTシャツがここ数年のお気に入り。いざ探すとあまりないんですが、スタンダードカリフォルニアが定期的にカッコいいのをリリースしてくれています。今シーズンも期待以上の1着が登場。ネイビー×ホワイトのベーシックなカラーコンビネーションも自分好みで、” GO AHEAD”というロゴもいい。早くもヘビーローテーションで着ています。

 

f:id:hynm_minai:20170918120919j:plain

最近古着屋などに行くとフロッキープリントのTシャツやスウェットシャツを探しちゃいます。とあるリサイクルショップで見つけたSportswear製の'80年代と思しき1着。アルファベットだけのレトロな雰囲気が気に入りました。

最近お気に入りの一曲。ユーミンっぽいボーカルの声質と爽やかな歌詞が印象的です。

今日の一品

f:id:hynm_minai:20170724235938j:plain


これまでハワイには30回以上渡航していますが、この島は本当に日本人を魅了しますね。最高気温が25〜28度くらいの日が多く、湿度が低いから、何をするにも快適。特に朝や夕方走るのにこれだけ適した場所は中々ないと思います。そんなハワイを日本でも感じたい人にぴったりなのが、Manhattan Portageの限定プリントコレクション。さりげなくハワイアンモチーフのプリントが入れられていて、カラーリングもブラック&ホワイトなんで、夏だけでなく、これからのシーズンに使用しても違和感ありません。なんせハワイは常夏の島なので!


f:id:hynm_minai:20170725000211j:plain

カラーリングがモノトーンなんで、大人が持つにもぴったりかと。


今日の一品

f:id:hynm_minai:20170909230102j:plain


以前こちらのblogでもアップしましたが、「ビームス フェニカ」で売ってる島根産のいちごジャムが美味い!いちごの形状がある程度残っていたり、甘さも控えめで、いちごの食感が感じられるのが嬉しいんです。いちごの収穫期の関係でいつでも買えるわけではないのが残念ですが、昨日Vogue Fashion's Night Outの帰りに「ビームス フェニカ」を訪れると、最近見かけなかったいちごジャムが売ってる。なので3個購入。本当は在庫全部買ってもいいかと思ったんですが、この味をいろんな人に知ってほしいので、3個だけにして、再度フイナムblogで紹介することにしました。パンやジャムに一家言ある人にこそトライして欲しい一品というか逸品です。

今日の1足

f:id:hynm_minai:20170817181619j:plain

今日8月19日にリリースされたle coq sportifとミタスニーカーズのコラボレーションによる LCS R 921 "mita sneakers" "LE CLUB“このモデルは独自の視点で厳選したパートナーと タッグを組んで生み出されるコラボレートモデルやブランドフィロソフィを紐解き、その 歴史を現代に再生したコレクションを展開する世界プロジェクト「LE CLUB(ルクラブ)」 より、数多くのブランドとのコラボレートモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけ では無く、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニー カープロジェクトに携わり具現化し続ける国井 さんがクリエイティ ブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのオフィシャルコラボレ ートモデル。2014年のエウレカでミタスニーカーズモデルとして登場以来、le coq sportifではおなじみのカラーとなったネイビーをアッパーのメインカラーに配し、機能性を現代レベルにまで引き上げている点が大きな特徴。長時間履いても快適な履き心地をキープしてくれると思います。適度にハイテク感のあるミッドソールデザインは今の気分ですね。



今日の1足

f:id:hynm_minai:20170808103124j:plain

 

先日このブログでアップしたスタンダードカリフォルニアのハット、最近ヘビーローテーションで履いているパタゴニアのナイントレイルズ ショーツを始めとして、個人的にもお気に入りのカラーリングがコヨーテ。ダークブラウンと違って重過ぎないから、春夏シーズンにピッタリなところがいいですね。そんなコヨーテカラーはスニーカーの分野でも人気のカラーリングでして、先週末発売となったミタスニーカーズの国井さんによるルコックスポルティフ エウレカOGもコヨーテカラーが採用されました。落ち着いたなかにもしっかりとした主張のあるカラーコンビネーションが素晴らしい1足です。

 

 

The ChainsmokersのCloserとともに最近のお気に入り。同じくサビの部分はたたみかけるように歌ってるんですが、この歌詞がいろいろと考えさせられるんですよ…

今日の一着

f:id:hynm_minai:20170711204529j:plain

現代日本でタンクトップといえば、なんと言っても武井壮さんですね。一昔前だと新加勢大周こと坂本一生さんかな。若い人は知らないと思いますが。自分たち世代はヘインズやフルーツオブザルームの3枚パックや後染めのタンクトップを渋谷の「バックドロップ」やアメ横の「ヤヨイ」や「ハナカワ」で買ったもんです。確かヘインズはタンクトップじゃなくてAシャツとも呼んでましたね。最近タンクトップで気になったのが、オーストラリアのゴールドコーストで見つけた「BONDS」というブランドのもの。レトロなイラストのパッケージに入れられたタンクトップで、この「BONDS」というブランドはオーストラリアに詳しい人曰く 日本の「グンゼ」みたいな 存在で、現地では誰でも知っているブランドとのこと。スポーツ大国オーストラリアはマッチョが多く、衣類のサイジングはかなり大きめなんで、自分はSをセレクト。アメリカから進出している安売りスーパーの「TARGET」では15A$(約1275円)でしたが、パシフィックフェアショッピングセンターの「BONDS」のオンリーショップではセール価格で10A$(約850円)だったので、そちらで購入しました。


f:id:hynm_minai:20170703173823j:plain

ゴールドコーストの巨大ショッピングモールであるパシフィックフェア には「BONDS」のオンリーショップも。タンクトップのほかTシャツやボクサーブリーフetc.フルラインアップの展開です。

 

f:id:hynm_minai:20170730234123j:plain

タンクトップといえば、4年前からお盆のタイミングでタンクトップを着た写真を撮影して経年変化をチェックしてます。少しづつ筋肉が増えて長距離ランには向かないカラダになってきました。自分でもバカなことやってるなぁ〜とは思いますが、今年も多分撮影します!ちなみにコレは去年2016年バージョン。インスタグラムのハッシュタグ #猛獣とは闘いません で検索すると過去4年すべて見れます。一応w

 

 

最近のミュージックビデオでタンクトップ絡みで有名なのは、フィフスハーモニーのこの曲。マッチョなブルーカラーの肉体労働者役の俳優さんたちが多数出演していてカッコイイ!